全国の牛乳に含まれる放射性セシウム濃度調査(2021年)


『全国の牛乳に含まれる放射性セシウム濃度調査(2021年)-汚染の由来と基準値以下のリスクを検討する』

新宿代々木市民測定所では 昨年に引き続き、掲題の研究にゲルマニウム半導体検出器による測定で協力しました。

基準値以下の食品摂取による放射線被ばくのリスクと、発がん性化学物質 によるリスクを比較したうえで、

「風評被害」について問題提起がなされて います。

わかりやすい動画も作成されています。

原子力資料情報室 【研究レポート】をぜひご覧ください。
→ https://cnic.jp/42340